多彩な風俗情報を配信

ソープランド シルクロード(SILK ROAD)

ソープで働く女性

仕事にソープを選ぶ理由

日本には30万人以上の風俗がいるといわれています。
風俗の中でも性行為をサービスとする「ソープ」
ソープで働く女性たちはなぜ特殊な風俗である「ソープ」を選んだのでしょう。

ただ単にお金が必要!楽に稼ぎたい!という方も多くいらっしゃると思います。
買い物や女性向け飲食店(ホストクラブ等)への依存・借金などお金を稼ぎたい方にはとても魅力的な仕事でしょう。

ですが、ソープで働く女性の4人に1人はシングルマザーと言われているそうです。
高額な給与が支給されるソープと考えると、やはり金銭的な問題なのではないでしょうか
シングルマザーだと分かるとなかなか仕事が決まらない今の日本。
出勤日数や時間など融通が利くソープは多くの
シングルマザーを金銭的にも子育て的にも助け舟になっていると思われます。

またソープで働く女性のほとんどが高卒以下というデータもあります。
ヤンチャしてて退学になったとか、勉強したくなかったとか安易な考えの方は仕方ないでしょ!!!と言えますが
イジメや家庭環境など止むを得ず進学できなかったという方もいらっしゃるでしょう
学歴もない女性を受け入れる会社・十分な給与を与える仕事ってあるでしょうか。
そんな方の逃げ場が風俗・ソープなのではないかと思います。
今の日本ではソープを含む風俗に助けを求める仕方ない状況なのではないでしょうか。

風俗嬢の本音

風俗で働いていると聞くとどうしても偏見の目で見てしまうのが人間
私はサービスを求める人がいるのであれば、その業種は必要なのではないかと考えているので風俗も立派な仕事だと思いますが
やはり世間一般的な意見だと体を売って仕事をしている風俗嬢です!と聞くと人間関係の壁は厚くなります。
「この人とは合わないだろうな」と・・・
それが普通だと思います。

ですが風俗嬢も同じ考えです。
胸を張って風俗してます!と言える人ってごく一部だと思うんです。
私は風俗嬢だから・・・と表の世界との関わりを嫌う女性も少なくありません。

キチンとした仕事だ!と思えない人がほとんどだと思います。
ですが昼の世界では働けない・昼の世界に受け入れられなかった、何か理由を抱えている女性の多くが風俗に助けを求め働いている
そう解釈することはできないでしょうか。
同じ人間です。感情を持った人間です。

こんな記事を書いてどうなるんだと思う人もいらっしゃるでしょう。
ただ、風俗嬢を見下すということだけはしてほしくなくて個人的感情で記事を書かせて頂きました。
1人でも多くの方に私の気持ちを分かって頂ければ嬉しいです。